Skip to content

日経225先物トレードを始める

Posted in 大損への軌跡, and 日記

前回の続き。

株のシステムトレードで儲けていたものの行き詰まりを感じて、さあ日経225先物でもやってみよう、ってとこまで書いた。

で、さっそく株のトレードで使ってたGMOクリック証券で先物口座も開き、株式の口座から150万円を振替。さすがにいきなり全力ってのもアレなので、おためしで150万。残りの400万ほどはこれまでと同じく株のシストレで運用していこう。先物の方が軌道に乗ってきたら資金の配分を増やしていっても良いかもしれない。などと考えていた。

シストレしようにも売買ルールがない

と、ここで問題。勢いで口座は開いたものの実は売買についてはまったくのノープラン。シストレしようにも売買ルールができていなかった。せいぜいデイトレがいいかな・・・くらいのもの。もしも他の誰かがこんな状態だったらオレはこうアドバイスする。

  • まずは売買ルールを考えてバックテストしよう
  • 売買ルールができたら数ヶ月~半年くらいはフォワードテストをしよう

それなのにこのアホは、丸腰で先物のデイトレに突撃した。そのころ「ラリー・ウィリアムズの短期売買法」を読んで根拠のない自信に満ち溢れていたからだ。ラリーの魂を受け継いだオレが負けるはずがない。オレは天才なんだ。

数年で資金を5倍以上にしたという実績。今度もやれるに決まってる。

株のシステムトレードによる損益グラフ
株のシステムトレードによる損益グラフ

2015年に225先物のトレード開始
2015年に225先物のトレード開始

ぎゃぁぁぁぁあああqwせdrftgyふじこlp;

失った。5年かけてコツコツ築いてきたものを、1年で失った。5倍に増やした資金を1/10にした。今日の時点で資金はおよそ50万円。スタート時の半分だ。

それだけじゃない。6年前はあくまでも運用資金が100万であり、生活費に充てる預金が他にあったのだ。今はそれすらなくなり、毎月投資用の口座から生活費を出金しなければならない。毎月必要な出金額はおよそ20万円ほど。

つまり、オレが生き残って資産を増やすためには、たったの50万円の資金で毎月最低20万を稼ぎ出さねばならない。月利40%。

無理じゃん、そんなん。

わかってるよ、ホントは。もう詰んでるって。

次回、大損していく過程をもうちょっと詳しく書いてみるよ。

 

ラリー・ウィリアムズの短期売買法 【改定第2版】
パンローリング株式会社 (2013-01-11)
売り上げランキング: 192

 

こいつダメだなと思ったらクリック→


↓損してる男をシェアしてメシウマしよう
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on LinkedInShare on RedditDigg thisEmail this to someone

One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。