Skip to content

岡三RSSによる自動売買

Posted in 売買ルール検証, and 日記

前のエントリーでちょっと残念な、と書いたのには理由がある。

実は現在、岡三RSSによる自動売買を行っている。かっこいい。岡三RSSは名前からも分かる通り岡三オンライン証券に口座があれば使える。一定の手数料支払ってれば月額使用料は無料。Excelのアドインの形で提供され、リアルタイムでExcelのセルに最新のマーケットのデータを取り込めるスグレモノ。これを使ってExcel上で売買サインの生成から発注まで行えるのだ。これで寝てても損ができる利益を上げられる。

前回の失敗はこれが上手く動かなかったのが原因。リアルタイムでデータを取り込めるといっても、複数のデータを取り込む際の取得タイミングにコンマ数秒をズレが出て来るようだ。また、Excelのセルの更新タイミングもおそらくズレる。それによって、想定外のサインが出てしまったり、指値の価格がおかしかったりする。

2月の頭から実戦投入して同様のトラブルはこれで2回目。損失こそ出していないが、10万円程度の利益は逃している。

改善策としては以下が考えられる。

  1. 通信の品質改善
  2. PCのスペックアップ
  3. 発注時のチェック機構の強化

1と2に関しては、効果があるかは未知数。ただこれで改善されるのであれば安い投資だ。

3に関してはすでに2重3重のチェックを挟んでいるものの、やっぱりまたポンコツな動作を許してしまった。というのも、テスト環境がないのでぶっつけ本番でテストするしかなく、しかも注文履歴以外にログらしきものが残らないため、検証がはかどらないのだ。2度目のトラブルを受けて、今度は「新規発注で誤動作は起こるもの」という前提でシステムを改変してみた。具体的には、おかしな注文を出してしまっても、常に最新のデータをチェックして、自動で注文の訂正やキャンセルを行う仕様。ちょっと不格好だけど、とりあえずこれで様子を見ることにする。ただこれもぶっつけ本番なのでしばらくはPCの前で全裸待機することになる。自動売買の意味ねーな。

 

こいつダメだなと思ったらクリック→


↓損してる男をシェアしてメシウマしよう
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on LinkedInShare on RedditDigg thisEmail this to someone

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。